司法書士とは

皆さんは「司法書士」についてどのようなイメージをもっていらっしゃいますか?

不動産を購入したときに登記をする
会社の登記をする
等など

「登記に関する代書屋さん」という感じでしょうか。

もちろん、登記業務は司法書士にとって重要な業務のひとつであることは間違いありません。しかし、登記業務は複雑な法律関係を理解し正確に処理するもので、前提として幅広い法律知識と経験が要求されます。

つまり、「登記に関する代書屋さん」の枠を超え、さまざまな法律問題に対する回答を与えてくれる存在なのです。

また、現在では「認定司法書士」という、簡易裁判所における訴訟代理権を有する(簡易裁判所において弁護士と同様の業務を行うことが出来る)司法書士も存在します。

司法書士は、「町の法律屋さん」として、登記にかかわらずあらゆる面で皆さんの安心で豊かな生活をサポートする存在としてご利用いただけます。
詳細は「業務案内」をご参照ください。

ご相談・お問い合わせ お電話でのお問い合わせ 03-5369-9117 平日9:30~18:30 定休日 土・日・祝日 スタッフブログ